リップル

強気の勢いは維持できるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル) | | コインテレグラフ ジャパン

BTC/USDT

ビットコイン(BTC)は8月4日に20日間指数移動平均線(EMA、22,630ドル)を下回ったが、下値を維持することはできなかった。これは、強気派が積極的にこの水準を守っていることを示している。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

徐々に上向きになっている20日間EMAとポジティブな領域にある相対力指数(RSI)は、強気派にやや有利であることを示唆している。BTC価格が20日間EMAから反発した場合、強気派はBTCを24,668ドルの直上のレジスタンスに押し上げようとするだろう。

24,668ドルを上抜けると、BTCは勢いを取り戻し、28,000ドル、そして32,000ドルへと上昇する可能性があるため、ここは注目すべき重要な水準となるだろう。このような動きは、BTCが底を打ったことを示唆するものだ。

逆に、BTC価格が現在のレベルまたは直上のレジスタンスから下降に転じ、20日間EMAを割り込めば、BTCがマイナーな上昇で売り続けることを示すものだ。そうなれば、50日間単純移動平均線(SMA、21,388ドル)までの下落してしまうだろう。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は過去4日間、20日間EMA(1,560ドル)と1,700ドルのレジスタンスの間で取引されている。通常、タイトなレンジ取引の後は、レンジが拡大することが多い。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

上向きの20日間EMAとポジティブな領域のRSIは、強気派に有利であることを示している。1,700ドルから1,785ドルのレジスタンスゾーンを突破して終値を付ければ、2,000ドル、さらに2,200ドルへの上昇の可能性が出てくる。

逆に、ETHが現在の水準から下落に転じ、20日間EMAを割り込んだ場合、弱気派が引き続き直上のレジスタンスゾーンで抵抗を示していることを示唆するものだ。その結果、1,280ドルの強力なサポートまで下落する可能性がある。

XRP/USDT

強気派はここ数日、20日間EMA(0.36ドル)のサポート維持に成功したが、XRPの強い反発を実現することは出来なかった。これは、弱気派が上昇時に売っていることを示唆している。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

XRPは、20日間EMAと0.39ドルから0.41ドルの間の直上のレジスタンスゾーンの間にはまり込んだままとなる可能性がある。強気派が直上のハードルをクリアすれば、ポジティブな勢いが増し、XRPは0.48ドル、そして0.54ドルへと上昇するだろう。

逆に、XRP価格が下降に転じ、20日間EMAを割り込んだ場合、需要が枯渇したことを示唆することになる。その場合、XRPは50日間SMA(0.34ドル)まで下落し、0.30ドルから0.39ドルのレンジ相場が数日間続く可能性がある。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

【関連記事】
株を売るタイミングは?チャートから利確を判断する方法
買いを入れるタイミングは?実際のチャートで解説【株式投資】
チャートの見方・基本を解説【初心者向けテクニカル分析】
損切りのタイミングと損切りしないとどうなるか解説
どの銘柄をいくら買うべき?ポートフォリオとアセットアロケーション【分散投資】
積立投資をしよう!仮想通貨にも有効なドルコスト平均法とは

クレジットソースリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button