リップル

強気のセンチメントか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル) | | コインテレグラフ ジャパン

BTC/USDT

ビットコインは8月2日に20日指数移動平均線(EMA:22,632ドル)まで下落し、強力なサポートとして機能している。徐々に上向きになっている20日EMAと、プラス圏にある相対力指数(RSI)は、強気派がやや優勢であることを示唆している。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

買い手は今後、24,668ドルの直上のレジスタンスの上に価格を押し上げることを試みるだろう。成功すれば、BTC/USDTペアは28,000ドルまで上昇する可能性があり、そこでは弱気派が厳しい抵抗を行う。強気派がこのハードルをクリアすれば、上昇幅は32,000ドルまで拡大するかもしれない。

この想定に反して、価格が現在のレベルまたは直上の抵抗から下降に転じた場合、高値でも引き続き弱気派が売り仕掛けていることを示す。20日EMAを下回るブレイクと終値は、50日単純移動平均線(SMA:21,344ドル)、そしてサポートラインまで沈む可能性がある。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は下降に転じ、8月2日に20日EMA(1545ドル)まで下落したが、ローソク足の下ヒゲは、強気派がディップを積極的に購入したことを示唆している。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

強気派は再び1700ドルから1785ドルの間の直上のレジスタンスゾーンをクリアしようとするだろう。もし成功すれば、トレンド転換の可能性を示すことになる。ETH/USDTペアはその後、2,000ドル、そして2,200ドルまで上昇する可能性がある。

この強気な見方を無効にするには、弱気派が20日EMAを下回る価格に沈め、維持する必要がある。そうなれば、1280ドルの強力なサポートまで下落する。この水準から跳ね返された場合、同ペアは数日間、1280ドルと1700ドルの間で足止めを食らうだろう。

XRP/USDT

XRPの8月3日のローソク足の下ヒゲは、強気派が20日EMA(0.36ドル)を防衛しようとしていることを示している。徐々に上向きになっている20日EMAとプラス圏にあるRSIは、買い手にやや有利であることを示している。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

強気派が0.39ドルから0.41ドルのレジスタンスゾーンを超えて価格を押し上げると、XRP/USDTペアは新しい上昇を始めることになる。その後、ペアは0.48ドルまで上昇し、そこで再び弱気派が強力な防衛を行う可能性がある。

この想定に反して、価格が現在のレベルまたは直上のレジスタンスから下降に転じた場合、20日EMAを割り込む可能性が高まる。その場合、同ペアはあと数日間、レンジ相場が続くだろう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

【関連記事】
株を売るタイミングは?チャートから利確を判断する方法
買いを入れるタイミングは?実際のチャートで解説【株式投資】
チャートの見方・基本を解説【初心者向けテクニカル分析】
損切りのタイミングと損切りしないとどうなるか解説
どの銘柄をいくら買うべき?ポートフォリオとアセットアロケーション【分散投資】
積立投資をしよう!仮想通貨にも有効なドルコスト平均法とは

クレジットソースリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button