イーサリアム

仮想通貨も株式市場も弱気なパフォーマンスに、デスクロスでBTCが2万2700ドルに下落との予測も | | コインテレグラフ ジャパン

「5月に売り逃げろ」という格言を作った人は素晴らしい洞察力を持っているようだ。過去3週間、仮想通貨と株式市場のパフォーマンスは、この表現がいまだ真実であることを示している。

5月20日、すべての資産クラスが一斉に下落し、インフレ懸念と金利上昇が引き続きヘッドラインを支配している中、トレーダーは大虐殺から逃れるための選択肢はほとんどない状況だ。

TradingViewのデータによると、ビットコイン(BTC)価格は29,000ドルを下回る状況にある。このレベルを下抜けてしまえば、今後1週間で2万ドル台前半への下落が確実になるとトレーダーは懸念しているようだ。

BTC/USDT 1-day chart. Source: TradingView

一部のアナリストは、デスクロス後の過去の価格パフォーマンスから、BTCが22,700ドルまで下落する可能性があると警告している。デスクロスとは50日間移動平均線が200日間移動平均線を下抜けることだ。

仮想通貨調査会社デルフィデジタルによると、BTCの建玉のプット/コールレシオは5月18日に12ヶ月ぶりの高値となる0.72を記録しており、トレーダーの期待値が低いことを示すものだ。

Bitcoin put/call ratio on open interest and volume. Source: Delphi Digital

デルフィデジタルは次のように指摘している。

「高いプット/コールレシオは、投資家がビットコインの売りが続くだろうと予測していることを示している。あるいは投資家が下落の動きに対してポートフォリオをヘッジしていることを意味する可能性がある」

株式市場も弱気に

5月20日、S&P500は1.62%下落し、2022年1月の史上最高値から20%以上下落し、リセッション懸念をさらに強め、株式場にさらなる苦痛をもたらした。もし、このまま史上最高値から20%下落して終えると、ベンチマークとなる指数は正式に弱気相場の領域に入ることになる。

Performance of the major indices on May 20. Source: Yahoo Finance

ナスダック総合株価指数とダウでも弱気となっている。ナスダックは275ポイント減で2.42%の下落、ダウは362ポイント減で1.28%の下落という大きな下げ幅を記録した。

アルトコインでも下落

Daily cryptocurrency market performance. Source: Coin360

BTCやイーサリアム、株式の下落に伴い、アルトコインでも大きく売られた。

数少ない明るい話題はエリプシス(EPS)、パーシスタンス(XPRT)、0x(ZRX)で、それぞれ30%、13.92%、12.34%の上昇を記録した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button